樹木葬とはどんな葬儀なのか

樹木葬とはどんな葬儀なのか

社会の有り様が変わると生活環境も変わり、家族も核家族化するなど多様化してきています。

その中で葬儀の形もどんどん変化を見せているのですが、最近は樹木葬という言葉を聞いたり目にしたりして、興味を持っている人もいるのではないでしょうか。
これも一種の葬儀の一つですが、その名の通り樹木を使って行う葬儀となります。



これは埋葬や墓地に関する法律の許可を得た霊園や墓地に遺骨を埋葬します。

そしてその周囲にある樹木を墓標として立てるというのが樹木葬なのです。



やり方もいろいろとあるのですが、遺骨を埋葬するたびに新しい苗を一本植えるという事もありますし、そうかと思えば中心、シンボルになるような樹木を植えてその周囲に遺骨を埋葬していくというやり方などもあります。

執り行う墓地や場所などによっても形式は様々で、全体が樹木葬を行えるようになっている場合もあれば、一角をそのスペースとして確保して併用していたりする事もあります。
墓碑として使われる樹木は比較的低木であまり大きくならないものが利用されます。
ハナミズキや百日紅などの定番の木がよく利用されるのですが、その場所の生態系を壊さないように配慮するなどして樹木葬を行なうのが一般的です。

人間のために行なわれるのは1999年に行なわれたのが日本では初めてと言われています。

あなたの知らないAll Aboutの詳細情報を掲載しています。

考え方も多様化している中で、一つの葬儀の形として今後も樹木葬の利用はどんどん増えてくるのではないでしょうか。