新しいスタイルの葬儀である散骨の基礎情報

散骨とは、海や山などへ遺骨を撒くという葬儀方法のことで、自然葬と呼ばれるものの一種です。
従来の常識では墓地に墓石を設けて埋葬するというのが一般的ですが、最近では葬儀や埋葬についての考え方の変化や、個人の事情により、散骨という葬儀方法を選ぶ人も増えていると言われています。そして、そのような葬儀を請け負っている業者も複数存在しますし、一定のルールさえ守れば自分で行うことも可能です。

またメリットとしては、墓石や土地などを用意する必要がないため、比較的安価な値段で葬儀が行えることが挙げられます。

Ameba News情報に対応した情報サイトです。

散骨の基本的な方法としては、法律上のルールによって、それが遺骨と分からないようにするため、まずは遺骨を2mm以下の粉末状にする必要があります。そして場所については、山野で行う場合は、その地権者へ許可を取る必要があります。



さらに海洋上で行う場合は、トラブルを回避するために、漁場や航路などを避けたほうが良いとされています。

散骨の法律上の位置付けについては、節度を持って行われる場合なら違法ではない(従来からある「遺体遺棄罪」には当たらない)という解釈がなされています。



ただし遺骨を粉末状にしたり、近隣住民への理解を得るなどのルールやマナーを十分守る必要があると言えるでしょう。

業者については、海洋葬のサービスを提供している業者が多く、そのような業者では遺骨の粉末化や、クルーズ船の手配などのサービスがセットで提供されているケースが多く見られます。