散骨の方法や注意点の解説

散骨の方法や注意点の解説

散骨は日本ではあまり馴染みがない埋葬の方法で、故人の遺体を火葬したあとに骨を粉末にして海や空に撒いて故人に自然に帰ってもらうという埋葬方法で、世界の一部の国では伝統的にお墓を作らず散骨する風習の国もあります。

最近では日本でも散骨を希望する故人や親族の方も増えてきておりここでは注意点や方法などを解説したいと思います。まず散骨は法律に反するのでは?と思う方も多いのではないかと思いますが、法務省は「埋葬の目的で節度を持って行えば問題ない」という見解を出しており、他の方に迷惑をかけず自然を大事にするルールとマナーを守れば法律に違反することはありません。



ではどうすれば法律に違反しないのかですが、まず遺骨を必ず粉骨にすることが重要です、遺骨をそのままの形で散骨すると事件として法律に触れる可能性がありますし、遺骨がそのまま山などに埋葬されても他の方にも迷惑になります、ではどのように粉骨すればよいのかですが、今は粉骨を行ってくれる業者が多くありますしどうしても自分の手で粉骨を行いたい方は粉骨用の道具を販売やレンタルしてくれる業者も今では多くなっています。粉骨をする場所にも注意が必要で陸地で行う場合には周辺の方々に迷惑をかけずトラブルにならない場所、海に撒く場合も港や漁場や養殖場のある辺りは避けトラブルを未然に防ぐことが重要です。



以上の点に注意して故人を大自然に還すといった気持ちを持って埋葬していただければ幸いです。

Ameba Newsのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。